シンジケートローン

シンジケートローンについて

シンジケートローンとは

シンジケートローンとは、世界各国の銀行が協調融資団のシンジケートを組成し、各国政府や政府機関に対して行う中長期の貸付です。借り手にとっては巨額の資金を効率的に調達でき、貸し手にとっては危険分散を図ることができる協調融資のことをいいます。

 

ひとつの融資契約書に基づき同一条件で融資を行なう資金調達方法として認識されており、国だけでなく、各金融機関が協調してシンジケートを作っているのです。金融機関の調整や借入れ企業との交渉を取りまとめる金融機関をアレンジャーと呼びます。

 

元利金の支払いや契約条項の履行管理等、事務作業を契約調印後に一括して行う金融機関がエージェントと呼ばれるところです。アレンジャーがエージェントに就任するケースが、通常はほとんどです。シンジケート団は参加金融機関を幹事金融のアレンジャーが募集する形態は社債を発行するのと似た面があります。

 

シンジケートローンは金融機関からのお借り入れ取引きです。設備投資のような長期的に必要な資金調達だけでなく、短期的に必要な場合も有効な手法と考えられます。契約条件の検討からシンジケート団を構成する貸付人となる金融機関の募集と契約締結手続きなどを、アレンジャーは行っています。

 

借入れ人は契約をするときに、手数料をアレンジャーへ払う必要があります。時々アレンジャー自身がシンジケート団に貸付人として参加する場合もあるそうです。シンジケートローンを組む上で、とても重要だと考えられるのが、アレンジャーなのです。

 

 

シンジケートローンの特徴

 

シンジケートローンの特徴はいくつかあります。シンジケートローンという調達方法は、市場型間接金融と呼ばれる金融形態を代表するものです。この方法は、直接金融の特徴である市場性と間接金融の特徴の柔軟性を両方持っています。

 

資金調達の可能性を広げることが考えられる市場型間接金融とは、財務内容を広く開示し、債権の流通を高めることができるといえます。借り入れ金によって資金調達を行なうことです。通常の社債での調達や銀行借入れと比べてみるとシンジケートローンは、借り入れ側にとって自由な条件や返済スケジュールの設定をすることが不可能ではありません。

 

多数の金融機関との取引きを行なうのがシンジケートローンです。アレンジャーというのは実際の交渉相手が契約締結前のとき、契約締結後はエージェントと決められています。シンジゲートローンの大きな特徴は、事務作業などの負担が少なく済む点もあげられます。

 

金融機関を、既に受けている融資取引きの有無に関係なく広く募り、資金提供が低コストでできるといえます。シンジケートローンで高くなる可能性は、低金利での融資を実現できるということです。大きなシンジケートローンの特徴としてあげられるのは、一つの融資契約書に基づいて複数の参加金融機関との金利や返済期間などの条件を統一することが可能だということです。

 

 

 

 

 

ローンの知識情報